ドイツ留学を振り返って

明日,デザインワークショップの成果発表で非常に楽しみにしている.
そして僕は8日に帰国.さて,ドイツでの日々を振り返ってみると,
自分にとってはあらゆる側面で価値観の変化があった.
特に重要だと考えるものについて書き残しておきたい.

・ドイツで最も刺激的だったことは,都市計画・デザイン研究者が,問題を現実の都市の中から探り出し(捻り出し),概念化するとともにそれに対するあらゆる解決策を試みようとしていることだ.身近な問題に囚われがちな実務家とは異なるパースペクティブで問題に対して根本的に向き合い,答えを探す.この態度は自分の中で最も大きな刺激となった.
 僕自身日本でもいくつかの実践を試みているが,どういえばいいか,少し型にはまっていたきらいがある.それは日本で可能な実務的制限がつくっていた型かもしれない.当然ながら実務的な仕事のサポートをするだけが学者の役割ではない.現実の都市の中にあるしかし誰も気付いていない,もしくは言語化できていない問題に対して概念を与え,枠組みを与えて,学術的体系の中に位置づけること,さらに解決策の具体化・空間化のためのシナリオ(ストーリー)を考えることが重要な役割なのだ.特に,それを社会的合意形成に至らせるための「概念化・言語化」が(法律家や弁護士の仕事のように)必要.
 これは卒業論文(設計)でも同様である.現場から問題を発見し,概念化し,データ化し,解決策の道筋をつくり,具体化し,空間化する.これが大学の研究室という機関に求められていることではないか.
 と,ドイツ滞在中に,この意識をかなり強くした.今後の自分自身の課題は,現実の都市問題のなかの問題を発見し「概念化」することだ,と明確になった.それはたとえばドイツでの”the in-between city”の概念化であり,計画言語化である.
もちろんドイツの事例は,ドイツの問題を解決するためにチューニングされている.知れば知るほどこれを感じた.こちらでデベロップされたアイディアは日本に簡単に持ってこれるようなものではない.日本ならではの問題,日本の歴史的継続性,法律なり制度なり,日本人の気質なり,など,日本の問題は当然ながら日本に固有のものだ.これをいかに意識的に捉え,枠組み設定を目指すかが問われている.

・次に,Emscher Landshaftparkの内外のプロジェクトを概観して身をもって感じたことであるが,景観計画とは,”見え”としての景観や,景観そのものを対象とするフェーズはもはやとっくに抜けているということである.視覚分析のようなものは景観計画のごくごく一部にすぎず,それを=景観計画と同義的に考えてはだめだ.「景観」の問題は,地域経済や社会福祉と大きな関わりがあり,physical / socialな問題の解決を目指す武器の取り扱いの問題である.空間計画は,地域のビジョンやシナリオと一体となっておかなければならない.ドイツに来る前から,こういうことは分かってはいたが,こちらではそれが「当たり前」であり,徹底されていることに改めて勉強になった.

・最後は計画のあり方とは,という話.ドイツのプランナーのあり方,努力のあり方から多くのことを学んだ.「私のやっている仕事のほとんどは,自分たちのアイディアを実現するために様々なステークホルダーに働きかけること(ネゴシエーション)だ」と述べたあるプランナーの一言は,こちらのプランナーのあり方を端的に示している.大学にいると計画策定の委員とかに呼ばれることがある.実際にこれはこれで大事な仕事なんだが,本当にやるべき仕事は最初に述べたように,新しい問題の設定,概念化,そしてその解決へのクオリティの高いアイディアを出すこと,そしてそれを実装へ向けて努力することである.自分やチームが考えたイノベーティブなアイディアを,机上の空論で終わらせるのではなく,行政やステークホルダーへはたらきかけ,その意義を理解してもらい,プロジェクトの実施,計画の実装という社会的合意形成へと至ることが目指されるべきだ.泥臭い仕事だし報われることの方が少ないだろうが,もう時代はそういうフェーズに入っていると理解したい.

補足で,歴史研究の意義の話.
・こちらでは(も)計画の前にかなりの調査をする.歴史調査,景観の成り立ちの調査は最も
重要なものの一つである.
僕は景観・都市の歴史の研究者でもあるので,(計画とどっちがメインか分からない)
この両者をどう統合するか,というのは自分自身の大きな課題でもあるのだが,
こちらでプロジェクトに必ずといっていいほどジオグラファーの参画があることや,
歴史の掘り起こしが地域デザインの大きな柱になっていることなどを目にして勉強になった.
こちらでは,いろいろな歴史的経緯や現況によって,自分自身の,もしくはまちのルーツに
対する認識が意識化されている.こちらもそのうちそうなるだろう.
○○人(郷土),というアイデンティティが叫ばれるようになるに違いない.
アイデンティティの問題は,いろいろなプロジェクトの背景にみえた.
この問題は計画論の中に真剣に組み入れていかなければならないだろう.

ドルトムントは雨ばっかりだったし,一般的にご飯はいまいち美味しくなかったが,
7月,8月の夏のシーズンは本当に快適だった.
国外の研究者ネットワークが広がったのも大きい.これはおそらく10年スパンで効いて
くると思う.将来が楽しみだ.胸を張れるように,日本での研究を深めたい.

広告

デザインワークショップ

 
論文の締め切りに追われるなどで更新全然しておりませんでした,すみません.
論文も99%できた!し,心おきなくデザインワークショップに参加できます.
 
そう,TU Dortmundでデザインワークショップ,LODE-PORTがはじまりました.
今年は国際WSということで,ヨーロッパ各地,南米,中国,中東,日本から学生たちが
集まっております.期間は2週間.
 
内容はこんな感じで,
サイトはすごく面白い.実際にプロジェクトが進行中の場所でもあります.
橋で決まってしまいそうな気もするけど・・・.
 
 
今日は五人の講師のレクチャーでした.メトロポリタンスケールから,敷地スケールまで
ルール地域の空間計画に関わる内容.すべて実務を行っている人たちなので,話も具体的.
研究目的でこっちに来ていることもあって,半分ほどは(なんとなく)知っていたけど,
半分は知らなかったことで,とても勉強になりました.
 

 
 
↑ この方はエムシャーパークの最初期からプランナーとして関わられていた方!
 
 
明日からディスカッションが始まります.楽しみです.
僕も一学生の気持ちで・・・と思ってたら,teaching staffとして参加することに...
気にせずやります.
 
 
今日は5つのレクチャーでおなかいっぱいだったのですが,夜にはrha(Reicher先生の事務所)に
連れて行ってもらい,Architectの方々から勝ったコンペや進行中のプロジェクトの説明を
していただきました.皆さん忙しいのに,わざわざ時間を取って頂いて恐縮!でしたが,
こっちのコンペの戦い方など教えてもらってこれまた勉強になりました.

 

産業遺産巡り

あ、どうも。近況報告がおろそかになって申し訳ないです。
何かと忙しくて。。

しかし着々と産業遺産をめぐっております。

また記事はじっくり書いてアップしますが、まずは写真とコメントだけをダイジェストで!
 
 
【フェルクリンゲン製鉄所】

フェルクリンゲン製鉄所です。
1986年に操業を停止して10年たたずに世界遺産。巨大製鉄所です。
入場時に「私にいかなる事故が生じても自己責任です」的な書類にサインさせられます。
内部に侵入できます。しかしヘルメット着用義務です。ほとんどトップまで登れます。
人も殆ど居ません。
はっきりいって怖いです。いろんな意味で。高所恐怖症の人は無理ですね。
操業時代のビデオがみれました。もはや人間がちっぽけに見えます。
工場好きならずとも、興奮しまくりを約束します。
 
 
 
 
 
【ランメルスベルク鉱山とゴスラーの町】


 
ランメルスベルク鉱山です。
1000年以上前から採掘が行われていた歴史的な鉱山です。
石見銀山との共通点が多く見られます。特に手彫りの坑道とか。
坑道のなかには水路が張り巡らされています。何のためだと思いますか。
地中奥深くの鉱脈の中に巨大な水車が数多く造られています。
地下水の排水と鉱石の運搬(持ち上げ)のためです。人間ってすごい。
坑道の中にはツアーでないといけないので要注意です。

1988年の閉山に至るまで稼働していた選鉱場は、Zollvereinの設計者と同じ
フリッツ・シュップ(Fritz Schupp)とマルティン・クレマー(Martin Kremmer)
による設計です。7階の階段状の工場。
実はこの選鉱場内部も見学できます(ただしツアーでの参加のみ可、要予約)。
1日に1階しかないこのディープなツアー、土曜にもかかわらず参加者は僕だけ。
僕だけのためにガイドのおじさんが慣れない英語で案内してくれました。
なにせ機械を実際に動かしてくれるのです。ここでも興奮しまくりでした。
僕は一日かけて3つのツアーに(強行)参加したのですが、受付のおばさんに
「え?3つとも参加するの?」と驚かれてしまいました。

ランメルスベルク鉱山の鉱山マネーで儲けて裕福だった町がゴスラーです。
怪獣みたいな名前ですが、かわいい町並みがいまも残ります。
家々は、その壁も屋根もスレートを重ねて鱗状にした独特な様式が多い。
基本的に木組み。1500年〜1600代に建てられた家が今も数多く残ります。
広場の放射状のペイブはなかなかよい。
 
ルール地方のフィールドワークと合わせて、近代鉱業の知識がかなり蓄積されました。
工程もメカニズムも分かると面白い!
 
 

 
【ルクセンブルク】


さて、最後にルクセンブルク。
要塞都市として有名なこの町は、地形構造、都市構造がとても面白かった。
蛇行する自然河川の内側の断崖絶壁の上に町があります。
谷は今も緑があふれ、公園になっていますが、一部谷の底、川沿いに町が張り付いています。グルントと呼ばれる地区。
この散策がとても面白かった。
写真は城塞の上から谷を見下ろしたもの、と、
谷下のグルント地区から崖を見上げたもの。
誰かがブログで天空の城ラピュタだ、と書いてましたが、なるほどそう言いたくなる
気持ちは分かると思いました。
 
 
 
というわけで明日からは東ドイツ巡りです!

PS.今日はストリーミングでロンドン五輪、なでしこ日本VSフランス、を観ました、すごいいい試合でしたね! 金まであと1勝!!

Stuttgart

 
今日はStuttgartに来ています。
Shlaichの作品をはじめとする橋梁とその橋梁がつなぐ公園の実見。
庭園博というイベントを利用しながらも、それぞれの瞬間のチャレンジが
ストックとなり、今や歴史となって(もしくは博物館、生きる教科書)、
長い時間の積み重ねの迫力を感じました。

今日見た橋すべて素晴らしかったのですが、
一番印象に残っているのが、ネッカー川にかかる歩道橋(Esslingen-Mettingen)
吊りケーブルのディテール。とても美しかった。
 

シュツットガルト自体も旧市街の趣を残しつつ、現代都市化をしている
バランスのよい町だと感じましたが、都市の広場の使い方や、公園の
デザインなどをみていると、様々な面での気遣いをまざまざと思い知ら
され、日本の現状を悲観的に捉えてしまいますが、なんとか一歩ずつ
やっていくしかありませんね。

一つ気付いたのが、都市のエッジとなる鉄道の路線沿いの緑地をうまく公園の
背景としてまとめていること。さらに直線上の公園を形成しています。
こういう大規模インフラに隣接するエッジって、殺風景な場所になりがちなんだけど
大樹によってぼかしつつ、空間も死んでいない。


写真の木々の裏側(右側)は幅600m以上ある車操場ですよ。
下の地図の緑の矢印の場所が撮影地点、南西方向を撮影しました。
 


 
これはうまいなと思いました。日本の庭も同じ手法をもっていますが、
もっと意識的にインフラのデザインに生かす方法を考えないといけないですね。
そして道路で分断され細分化された公園をつなぐ役目を果たすのが橋です。
橋が駅へ直結しているのもとても刺激的。

と、いろいろ勉強させてもらいましたが、やっぱりヨーロッパの原点は広場ですね。
基本的に歩行者天国の大きな広場の周縁部、大樹の下に人が座って談笑して、
一部は雰囲気のいいオープンカフェになっています。僕もそこで夕食を食べ、ブログも書いて
ますが、こんな空間があるからこそ都市に対する愛着が生まれるんだろうな、と痛感しました。
 
 

こういう気持ちいい空間で話したことなら、いつまでたっても覚えているよね。

 
 
さて、エムシャーパークのフィールドワークがようやく一段落つきました。
13日間のフィールドワークの成果は膨大ですが、どうまとめようか。
資料も膨大にありますが、まだ読み込めていない。。。
今年度の後期の景観デザイン論の授業(毎年講義内容が違う)に合わせて
整理しますが、ブログにも情報を小出ししたいと思います。
書くのならそれなりに調べてから、と思っちゃうと時間もなく書けないという
ジレンマ。

KOLUMBA

ついに念願のコロンバに行きました。

前回のブログを更新した日、4時までまとめて仕事して、3時間寝て、支度して、
電車で2時間半かけてケルン、ボンに向かいます。

ケルンにはケルン大聖堂があるけれども、どうしても訪れたかったのが、
Peter Zumthor の KOLUMBAです。

周囲の道は狭く混み合った区画にある。
予想していたより小さく感じた。
おそらく全体像を写そうとして広角で撮った写真を見ていたせいだろう。

中に入る。

とにかく素材、ディテールが徹底されている。
つくられたもの全てがオーラを放っている。
特に木の使い方が印象的だった。

階層によってライティングがかなり違う。
上へ行くほど明るくなる。

空間の作り方も折れ曲がりによる空間の変化がドラマティックになるように緻密に計算されている。
敷地の形に合わせながら、微妙な直角+αの部屋。
この微妙な角度の変化が、単調さを消す。
さすがによくできている。

thinkingというエキシビションだった。
ある部屋に入ったら、Zumthorが1999年から2000年にかけて描いたドローイングが多数並べられている。壁にもずらり。
(これらは一週間限定でアップします)

そのうちのひとつ、視覚上の軸線を描いたドローイングがあった。
(写真削除済み)

このドローイングは貴重だ。
作り方が手に取るように分かる。
「あ、これは!やっぱり!」と、いろいろ納得できた。
大きな収穫だ。
 
そして最後に地上階の遺跡の部屋に向かう。

ブロックのすき間から入る光。
周囲の木々の緑を反射しているのか、木漏れ日のような感覚。
神聖というより、とても気持ちのいい落ち着ける空間だった。
これも意外な感覚。

それにしても、大きな空間は、人に驚き、圧倒的な力、神秘、内省へのきっかけを与える。
教会の内部空間しかり。
実はコロンバではなく、ある建築の内部空間に大きな刺激を受けた。
それはOberhausenにあるGasometerである。

ガソメータの徹底的に機能的で精緻なディテール、その内部空間の壮大さにはかなりとまどった。
何か大きな存在を感じてしまうのである。
造った人間がそうしようという意図はないはずである。
もとはガスタンクだから。

しかし、その意図を離れて、その圧倒的ともいえる空間経験は感覚を大きく揺さぶる。
 

そして、その空間の神秘性を完全にわかりきったような、インスタレーション。
すごすぎです。

@extraschicht
すみませんが、これ、写真じゃ絶対に分かりませんので、是非行かれることを勧めます。
 
 
 
さて、話が長くなりますが、ケルンを後にしボンに向かいました。
当然お目当てはAnslem Kiefer展。
近年の作品を対象とした大規模な回顧展と案内にあったように、本当に大作揃い。
実際に作品も大きい。
Duisburgの感動を忘れるほどの感動の波にさらわれてしましました。
本当に来て良かった。というか、僕の滞在期間にやっててよかった。
彼はまだ生きていますが、間違いなく(戦争の世紀である)20世紀を代表する優れた
芸術家として500年後も語り継がれる人物だと思います。
また2時間半かけて来るか。
今度はBruder Klaus Field Chapelに行くしね!


写真はとあるアート関係のウェブ記事から
 
 
 
そして、ドルトムントに帰ってきたのが夜9時。
それからJan先生にドルトムント北部の移民地区や飾り窓地区などを案内頂きます。
Jan先生の専門はBプラン、都市再生なので、ジェントリフィケーションなどの話を
かなり詳しく聞けました。
場所が場所だけにかなりディープな実見でした。
大阪大からILSにインターンで来ているY君も一緒に。

家に帰ったのは12時前。
くたくた。。。寝る。
 
 

Anselm Kiefer

最近、電車に自転車を積んで、あちこちにフィールドワークに出かけています。
昨日はGelsenkirchenからBottropまで40km走りました。山登り(Mining Tip)とかもしながら。
しかしすべての道は制覇できそうにないですね。到底。700kmだからね。
でも、Google Mymapがかなり充実してきた。

今日はDuisburgの河川港周辺のウォーターフロント再生事例をみてきた。
運河沿いの倉庫などもすべてリノベーションされて、クレーンなどもそのままおいてます。
港沿いの公園はあのDani Karavanの設計。
英語名:Garden Of Memories

最初はなんだ、この廃墟をそのまま残したものは、と思って驚いたが、
だんだん慣れて、まあこういうのもありだな、と。ただ、公園の管理はダメで。
洗練された雰囲気を出す下地がいまいちで、期待したほどではなかったかな。
(期待が大きすぎた?)

その公園に隣接するShlaichの橋はいつもながらよかった。
橋が動くところは見られなかったけど。

先日行ったGelsenkirchenの橋もすばらしかった。いつも期待以上の感動を与えてくれる。

http://www.sbp.de/en#build/category/93-Bridges

とはいえ、今日最も感動したのは、Anselm Kieferという作家の展覧会。
Anselm Kieferは僕の好きな作家の一人で、画集も数冊もってはいるが、
これまでなかなか作品をみる機会が少なかった。ずっと伺ってたんだけど。
それが、Duisburgのウォーターフロント再生の目玉とも言えるMKM(現代美術館)
でKieferの展覧会をやっていることを先日チラシでそれを知り、今日はそっちにわくわく
しながらDuisburgに行った。で、企画展もよかったがコレクションがすばらしい!!
Kiefer祭り!しかも大作揃い。 本当に倒れてしまいそうでした。写真もとって良い切符の良さ。

Kieferはパースペクティブが好きな、空間への感覚が鋭敏な作家だと思うんだけど、
作品のなかでは、そのパースペクティブを強調しながら、かつ、それをぶちこわす。
そのあたりのセンスとか、素材感のセンスとか、まじですごい。
いや〜、大満足。

コレクションにはGeorge Baselitzの部屋もあった。逆さの人、といったら分かるかな。
彼の作品もわりと好きです(ここのコレクションはいまいちだったけど)。
ドイツに滞在中に見たい。ちなみにBaselitz氏とは話したこともある。
以前、イスタンブールの友人のアーティストが、Baselitzの作品展の内覧会のパーティーに
連れて行ってくれて、そのときに紹介してもらったんです。
懐かしい思い出です。

どうやら調べて見たら、BONNでもKieferの展覧会をやっている!この展示作品もすごそうだ。絶対行く!

Westpark, Bochum ルール探訪2

さて、13日には午後から隣町のボーフムにでかけた。お目当てはWestpark。

概要は
http://de.wikipedia.org/
で、グーグルで英語翻訳。


 
 
 
まずは写真から。

元は誰も寄りつかない工場。周囲は荒廃している感じが今もある。
工場自体はものすごく存在感があって、よくぞ残した!という感じ。

こういう産業遺産をみると、つくづく思うのだが、人間の動力を越えたエネルギーの利用を前提とし、
機能というロジックによって組み立てられた建造物群はヒューマンスケールをはるかに越えていて、
しかしながらそこには人間がつくったという一種の崇高さがある。
本当によくできた工場遺産、たとえばKokerei Hansaなどをみると、人間が創ろうとしたどんなにすばらしいアート作品よりもすばらしいのではないかという気がしてくる。

驚いたのは、Zeche Zollernにしても、Westparkのなかの工場にしても、
その意匠に教会建築と共通性がみられること。
特にその内部空間。巨大空間をつくる方法が共通していたというのもあるが、
ステンドグラスがはめ込まれていたり(そのシンボルにはキリスト像の代わりに鉱山のマークが)、
ディテールがアールヌーボーの様式であったりとか、とにかく作り込まれているものがある。

さて、工場群はそれだけみてもゾクゾクするが、その寂びた感じを残しながら、上手に
リノベーションしている。その写真もいっぱいあるが、今回は勘弁。

さて、プランニング。
敷地は外から完全に隔離されている場所(であった)。
そこに昔の鉄道路線を利用して動線をもってくる。
その導入部にシンボリックな橋。プランニングが良くできている。

で、デザインもすばらしい。
かなりギャップのある地形を処理しながら、
動線を機能的に配置していて無理がないし、
その動線上の落ち着く場所にきちんと視点場をつくっている。
ほとんどの視点場は高台・斜面上もしくは橋上につくられていて、
ランドスケープを眼下に眺められるようにしつらえられている。
水の使い方も地形に沿っているので、その形態ほど無理な感じが
全然しない。おさまっているし、たくさん生じている空間の隅が
きちんと生きている。これだけ広いのに死んだ空間がない。
隅は生態系の再生の場としてやわらかくぼかしている。

う〜ん、じっくり見ているといろいろ勉強になる。
なるほどな〜と感心しながら歩き回る。

公園の一部でもあるGahlensche Strasseの橋(シュライヒ)。
床板はきわめて薄い。予想してたほど振動しない。
結構S字の大きな曲率は無理なく、ダイナミックで、驚きを与える。
いい。すごくいい。

床板裏のケーブルをまじまじと眺める。モーメントのことを考えて
微妙にずらしている。このケーブルが赤いのもニクい。
ケーブルの接合部もシンプルでまさに職人。
写真にはないが、公園の敷地東端の橋も面白かった。

とまあ、Westparkはなかなかの見応えがありました。

設計者一覧はこちら