山村の暮らしと景観 −奥永源寺

最近,山村とご縁があります。奥永源寺の主要な集落の実見調査をしました。歴史がとても面白い。木地師の伝統,政所茶,茅葺きの家々。山村の暮らしが時代とともに変わりながらも今に続いており,それが景観にあらわれています。

こうした文化は本来的には時代とともに移り変わるものではありますが、地域の遺産としてどこまで次世代に継承できるかどうかが課題です。「継承しよう」という意志がなければ難しい。地域固有の文化に、創造性を掛けあわせて、新たなよりよい地域の生き方を見つけ、新たな文化創造を育む可能性は十分にありそうです。学術調査とその成果が、地域の暮らしや生き方のなかの文化性を見直すきっかけとなり、これからの地域づくりの基本とすることができればいいですね。
DSC09606DSC09656DSC09658DSC09724DSC09777

広告

黒川温泉にみる造景の知恵

M1の寺島君と黒川温泉の公共空間における修景の経過と技法について調べています。
ここには全国のモデルになり得る、さまざまな知恵が隠されていると考えています。
先日、黒川温泉で寺島君と勉強会に参加し、成果の中間発表をしました【研究室ブログ】。

KIMG0091

さて、僕がはじめて黒川温泉に来たのは2004年で、景観の勉強をしはじめた頃でした。
このときは南小国町で3泊しました。当時の僕は「渓流沿い露天風呂」に夢中で、
山みず木」さんをはじめとする黒川温泉の露天風呂や「藤もと」さんの露天風呂に
どうしても行きたかったのです。その後も全国の渓流沿い露天風呂は結構まわりました。
黒川にも何度か来ました。

そもそも、そういう趣味!?をもったきっかけは、
1999年(大学1年)のボラカイ島旅行と、1999年、2000年のバリ島・ウブドのリゾート体験がきっかけです。
ボラカイ島は今では有名ですが、当時はバックパッカーしか知らない秘境だったようで、
マニラで1泊して飛行機を乗り継いで、長距離バス+舟でしか行けないとても不便な場所でした。旅行者もバックパッカーが多くて、ビーチ沿いのレストランやお店の雰囲気が手作り感があって、アットホームで最高でした。いまはどうなんだろう。
同じく、文化芸術の村であるウブドもまだあまり観光化が進んでおらず、まだ素朴な農村の雰囲気がありました。
そこで、はじめて泊まったコマネカリゾートのインパクトが大きかったですね。


あと、泊まってはいないけど、チェディとか、イダなんかの景観デザインに
強烈な憧憬を抱いたんですよね。
思えば、この道を目指す重要なきっかけの一つだったと思います。

日本でも、と思って知ったのが、黒川温泉でした。
それから十数年たっていますが、何度か訪れ、その景観づくりの技法の巧さが
理解できるようになったので、ぜひ研究したいと思っていました。まずは公共空間を、と。
旅館の庭は、京都の寺院・別荘の庭や露地と似ている部分もありますが、やはり違いますね。
雑木の庭なので、古典的・伝統的ではなく、近代的な自然観による、自然風のよさがあります。
視覚だけでなく、体全体で味わうのも特徴のひとつ。
黒川では旅館の敷地に閉じずに温泉街に自然がにじみ出しています。

たとえば、ということで、旅館 山河さんの庭を紹介します。
この雑木による造景の考え方は、黒川全体の造景の考え方をよくあらわしています。
詳しくは論文を乞うご期待。

(写真はクリックすると高解像度のものになります)

この木々が、ここ四半世紀にすべて人の手で植えられたもの、だなんて信じられますか?
一度その空間を体験すると、にわかには信じられません。
昔の写真をみせていただくと、確かに庭がない・・・。昔は杉しかなかったそうです。
敷地のなかを流れる遣水も、昔はコンクリート張りの水路だったそうで。

ご主人は、このお方↓。インタビュー、すごく面白いのでおすすめです。
http://www.obt-a.net/web_jinzai_magazine/person/2007/10/post-31.html

日本という風土での風景づくりの可能性をすごく感じます。

五島巡検

重要文化的景観区域内の公共デザインの仕組みについて、4つの景観行政団体へのヒアリング調査と現地調査のため、五島列島に行ってきました。研究課題については勿論のことながら、潜伏キリシタン関連遺産の歴史的背景を深く知ることができ、集落景観のみかたをあらためて考えるきっかけになるなど、充実した視察でした。あと、やはり鉄川与助の造形センスには驚かされました。

○五島のキリシタン集落
https://ja.wikipedia.org/wiki/五島崩れ
「五島キリシタン唄「五島へ五島へと皆行きたがる。五島は極楽来てみて地獄。五島は極楽行てみりゃ地獄。二度と行くまい五島のしま」五島には従来の島民たち(非キリシタン)が耕作に適した土地にすでに居住しており、農業に適さない山間の僻地や、漁をするにも不便な辺鄙な入り江、離れ小島など、貧しい土地に住むしかなかった。」

 

 

DSC07681

堂崎天主堂

弾圧後の五島における宣教活動の拠点。なぜ堂崎天主堂が構成資産から外されたのか違和感を感じて調べてみたら報告論文があった。
大平晃久「堂崎天主堂の世界遺産候補除外とスケールの政治

 

 

DSC07609

旧五輪教会堂

http://www.city.goto.nagasaki.jp/sekaiisan/goto_churches/kyuugorin/detail.html
「長崎地方にあって、現存する明治初期の教会としては、信徒発見の舞台となった長崎の大浦天主堂に次ぐ古いもの。険しい山を背にする小さな漁港のわずかな平地に、潮風に耐えひっそりとたたずむ教会の姿は、弾圧に耐え抜き信仰に命をかけた五島キリシタンを彷彿とさせる。」

 

 

DSC07336

頭ヶ島天主堂

○頭ヶ島集落、崎浦の石積集落
https://ja.wikipedia.org/wiki/頭ヶ島
「崎浦の五島石集落における石積み技術は、長崎市外海の出津集落などから移住してきた隠れキリシタンによってもたらされた。また、一帯で行われる漁業の主体となるキビナゴ漁は熊本県天草市の﨑津集落から伝えられとされる。」「文化循環」の一例。

 

 

DSC07235

野崎の集落跡

○野崎島の集落跡:昭和40年代にキリシタンの住民が集団離村した集落跡。
http://kyoukaigun.jp/visit/detail.php?id=17
「江戸時代後期、大村藩の外海から五島に渡った潜伏キリシタンが移住。1883年、野首に木造教会ができる。さらに、17戸の信者はキビナゴ漁などで資金を蓄え、1908年、鉄川与助の設計施工でリブ・ヴォールト天井を持つ堂々たるレンガ造り教会が完成した。しかし戦後は過疎化が進み、昭和40年代に集団離村し、1971年に最後の信者が島を離れる。」

 

DSC07175

旧野首教会

空知巡検

1

住友赤平炭鉱立坑櫓

2

赤間炭鉱選炭工場跡

3

三菱美唄炭鉱跡(炭鉱メモリアル森林公園)        住友奔別炭鉱跡

4

旧栄小学校(アルテピアッツァ美唄)

 

計画学@札幌から少し足を伸ばし,短い時間でしたが,空知地域を廻りました.
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/yama/index.htm

空知でも炭鉱遺産を活用したいろいろなアートプロジェクトが立ち上げられており(赤平奔別夕張美唄幌内
ドルトムント留学時代にルール地方(エムシャーパーク)でみてきたものと比較しながらみると
なかなか面白く,いろいろと刺激を受けました.

道庁でも地域活性化戦略を策定されており,なかなかよくできていて,参考になります.
元気そらち!産炭地域活性化戦略

 

水盤

DSC00958Miroir d’eau

フランスワイン生産地世界遺産調査で、ボルドーにも立ち寄りました。
前からずっと行きたかったガロンヌ川沿いの空間再整備がみれてよかったです!
もともと河川港湾で、駐車場や倉庫街だったところを、プロムナード・広場・庭園に
した空間整備事例です。
祭りでもない普通の日曜日ですが本当に賑わっていました。

撮影した写真はこちら
https://drive.google.com/folderview?id=0B0llbbO9E6YmbmtQOFBueUN1TE0&usp=sharing

プロジェクト概要はこちら
http://www.publicspace.org/en/works/f128-amenagements-paysagers-des-quais-rive-gauche-de-la-garonne

韓国南部巡検

五月中旬に研究室学生有志とともに韓国南部の歴史的景観地・集落の実見調査に行きました。
レンタカーを利用しながらの強行スケジュールでしたが,非常に充実した視察ができ,
またどの食事も大変美味しかったです。通訳してくれた金君に感謝です。
以下,主な調査地について自分が撮った写真と,インターネット上の情報をまとめたもの
をあげておきます。写真はクリックすると大きいサイズのものが見られます。
 
 

楽安邑城民俗村

楽安
楽安邑城民俗村は、朝鮮時代の城と東軒、客舎、林慶業將軍碑閣、市場、草葺屋根の家などが原形そのままに保存されており、城と村が一緒に国内最初の史跡第302号に指定された。朝鮮太祖6年(1397年)に倭寇が侵入、この地出身の金贇吉将軍が土城を築き、その300年後に現在の石城が築かれた。
広い平野地帯に1~2mの大きさの正方形の石を利用して高さ4m、幅3~4m、全長1,410m、東内、南内、西内など135,537m²に及ぶ3つの村を囲み、400年以上経つ現在も途切れるところなく原形そのままに残されている。今も85世帯がこの中で生活しており、民俗学術資料としてはもちろん、歴史教育の場としても価値が認められている。
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TE/TE_JA_7_1_1.jsp?cid=281832 
  
 

順天生態公園

生態公園
順天湾入り口には韓国の他の地域では見ることのできない約30万坪の広い葦の群落が高密度に広がっているが、これはおよそ30年にわたって形成されたもので、約10年前からその範囲が急速に広がってきた。
http://www.suncheonbay.go.kr/?r=JPN&c=275/279/289 
  
 

宝城茶園

宝城茶畑
宝城郡は、韓国で最も多くの茶を栽培する地域で、いくつもの文献に茶の自生地として記録されているほどで韓国のお茶所と呼ばれている。現在でも、宝城郡で生産される茶は全国の茶の生産量の約40%を占めているほど茶葉の栽培が盛ん。年平均気温が13.4℃、年平均降雨量が1,400mmで、土壌は麦飯石成分を含み、お茶の生育に非常に適した条件を備えている。霧日数が多いため、お茶の木の成長期に水分をたくさん供給するとともに、自然遮光効果によってお茶を一層おいしくする自然条件に恵まれている。
歴史的には、伏忽郡が馬韓から百済に統合(近肖古王(369年頃))される中、初めてお茶を利用するようになったという説があると記録されているという(宝城郡誌)。現在のような大規模な茶園は1939年の造成以後である。日本の技術陣によって最適な茶栽培地であると判明した。
http://japan.boseong.go.kr/index.boseong?menuCd=DOM_000003002002000000
 
 

全州韓屋邑

全州
全州韓屋村は韓国で唯一、都心によく保存された約 700棟の韓屋が群をなしているところで、伝統的な生活文化が息づく韓国を代表する文化観光名所として有名。校洞、豊南洞一帯の都市韓屋は、1910年代から産業化社会へと移る過程で生じた、韓国における住居文化の発達過程を示す重要な資料である。
http://tour-jpn.jeonju.go.kr/index.sko?menuCd=AC07001001000 
 
 

慶州良洞村

良洞
韓国での氏族は苗字と本貫をともにする父系血縁集団、すなわち先祖を同じくする同姓同本の人たちと、他の血縁集団から配偶者として入って来た女性たちから構成された社会集団をいう。氏族村は一つあるいは少数の氏族が全体の住民構成の多数を占めるか村の意思決定において主導的な役割をする村をいう。韓国の代表的な氏族村であり両班村である河回と良洞はともに朝鮮時代(1392~1910)に両班文化が最も華やかに栄えた韓半島東南部(嶺南地方)に位置する。
この村は朝鮮時代(1392-1910)に驪江李氏と月城孫氏によってつくられた両班村(貴族の村)で、朝鮮時代の性理学者である李彦迪(1491-1553)をはじめとする数多くの著名人を輩出している。村には家屋およそ150棟が保存されているが、瓦屋根の家屋は大部分は高いところにあり、茅葺の家はほとんどが平地にある。1984年12月24日には村全体が重要民俗資料第189号の指定を受け、2010年にはユネスコ世界遺産に登録された。
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=3821  
 
 

安東河回村

安東
河回村は豊山・柳氏が600年あまり代々暮らしてきた同姓村である。儒学者柳雲龍と文禄の役の際の領議政(現在の首相に相当)であった柳成龍兄弟を輩出したことでも知られている。瓦葺きの家の周囲を藁葺きの家が取り囲んでいるのが特徴であり、127の家屋のうち12家屋が重要民俗文化資料に指定され、2010年にはユネスコ世界遺産に登録された。
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=3108 
 

(番外編)順天市映画撮影場

順天撮影地
60~80年代の貧困村と建物などで成り立った最大規模のセット場。
http://www.namdokorea.com/jp/reference/sch/01/view01.jsp?type=&kind=&tour_id=1139&page=3

静岡巡検

仕事とも関係があるのですが、静岡の茶畑景観の視察と資料収集に行ってきました。牧田&三輪も。
なかなか濃い2日間の調査でした。今回は安倍川流域と牧之原周辺を中心に。訪れた場所を紹介します。
歴史、集落形態、土地利用形態、生産・加工の形態など、それぞれ特色があってとても興味深かったです。

1足久保9647
足久保 ここは石積み茶畑で有名です。静岡茶の発祥地ともいわれています。
 
 
2大沢9590
大沢 茶工場と小さな茶畑中心の土地利用がとても面白い集落です。
 
 
3有東木9526
有東木 山葵(わさび)栽培発祥の地といわれています。オクシズプロジェクトの拠点となっています。

 
4俵峰
俵峰
 
 
5牛妻9373
牛妻
 
 
6東山9242
東山 茶草場農法で世界的にも一躍有名になりました(世界農業遺産)。とてもユニークな景観がつくられ維持されています。

7牧之原9143
牧之原 いわずとしれた日本最大の茶産地。茶平線を楽しめます。

8御前崎下朝比奈9333
下朝比奈
 
 
9焼津9363
焼津坂本
 

次回は大井川、天竜川流域を視察ですね。まずは行った対象地の復習を。