つれづれと

 

京都造形大の庭園学講座で「文人の住まいと隠遁の風景」を講じるにあたって原稿を書いた。京郊の山のほとりに住んだ近世初期(寛永前後)の文人たちが、いかに風物、風景を見出したか、というのが主題だ。博論の6章をもとにしているが、これを学会で講演発表したとき、東工大の齋藤先生から、なぜ若いあなたがこんなテーマに興味をもったのか、ときかれたことを思い出した。
ふりかえれば、僕が中高校生の頃、五木寛之さんの「生きるヒント」がベストセラーになり、僕も高一のときに読んで、それから仏教思想に関心をもっていろいろ本を読んだことや、10代後半には、当時よく読んでいたヘルマン・ヘッセの「詩人になれないのなら、何にもなりたくない」の言動に共感し、理想主義的考えをもち、何らかのかたちで物書きとして生きたいと思っていたことが背景にある。
いかに生きるか、というテーマは十五歳以来、自身の最も重要なテーマであり、もんもんと悩み考えつづけていたのだが、大学三年前期のトルコ・ワークキャンプで運命が変わり、自分個人の心を満たす=自己満足的生き方では結局は満たされないと気づき、自分の人生の満足のためにも、人に感謝される社会に役立つ仕事をして生きると決めたのであった。このとき内向き思考から180度裏返しになって外向き思考になり、以後、きわめて楽観的性格を得て、今に至っている。

そうしたこともあって、先人の隠者らの生き様に憧れがあって、より知りたかったというのが研究の根本にある。しかし実際、日本の風景史においてもきわめて重要な位置付けにあるのである。17世紀当初に流行した文芸は、600〜1000年以上離れた中国や平安時代の日本の文化・文芸リバイバル運動でもある。漢文の素養が失われてしまったとはいえ、現代もそうなり得る可能性は少なからずあると思う。

多くの先人が書き残しているように、(究極的には)人生はひまつぶしだ、という考えは今も変わらないが、せっかくなので面白いことをしたいとは思っている。社会の中で自己満足に終わらず、面白いことをしようと思ったら、それなりに努力しなければならない。なので、晋代、唐代の詩人のごとく、山中に住んで、社会との関わりを断って隠遁する、というわけにはいかない。まあしかし、文芸世界の理想や高みを目指し、友と交わり、旨いものを食べて酒を飲むことを佳しとする根本の構造は同じである。文芸世界では優れた詩文を書ける=よき友、であるのが、社会に対して貢献できる力を持つ=よき仲間、であるぐらいの違いしかない。最近では、よき仲間と出会い、ともに仕事をし、ともに旨い酒を飲むために、仕事をしているような気もしている。

広告

文化の有形/無形とアイデンティティ

[付記2016.6.10]
あらためて考えると、僕が歴史研究のテーマを設定するときに基準としている事は、
まちや人(市民、都市デザイナー)のアイデンティティや価値・規範形成に貢献するかどうか、だ。
その貢献が大きいほどよい(むしろ方法論以上に)と考えている。

——付記、以上——

欧米では町の景観そのものが,非常にアイコニックで,歴史をまさに体現するような町が
確かに数多く存在する.景観がコミュニティの,そして地域の強固なアイデンティティと
なっていることが明確だ.

翻って日本では.人々がまちの姿=景観を,どこまでアイデンティティとして
捉えているのだろうか,とあらためて考えてみると,なかなか,こころもとない.
もちろんそうした町もあるが,一般的にアイデンティティの源泉となっているのは
有形の資源ではなく,無形の文化ではないかと思う.

言葉,料理,社会的慣習,産業,祭礼,芸能,地域内活動・・・
そして,地域で語り継がれている物語,ふるさとの記憶・イメージ・・・
(ときにステレオタイプなイメージもあるが)

無形の物語の束のなかに,景観も含めて有形の資源がピースというか,
断片的語り部として存在しているというのが実感に近い.

もちろん,まちの顔が劇的に変わることで,自分たちの町に対する認識が
一変する,ということもあり,有形要素の影響が大きいことも事実だろう.

“計画行為は人々が感じるアイデンティティに強い影響を及ぼす”
“計画行為は開発行為そのものではなく,場所の物理的な変化を左右するガバナンスの基盤と見なすべきである”(パッツィ・ヒーリー『メイキング・ベター・プレイス』)

地域づくりにおいて,地域の人々のアイデンティティのもちかたを探ること
はきわめて重要だ.そこを出発点として地域空間の計画論を立てると
いかなる体系が浮かびあがるだろうか...ということをしばらく考えてみたい.

研究シーズン

卒論修論添削シーズン到来。査読付共著論文の修正、本の原稿や自分の論文の
査読修正もあり、いよいよ忙しい時期に入ったが、研究成果の仕上げの段階の
議論は研究の醍醐味ともいえ、一年で一番面白い時期である。

いい研究の条件は、一に構想・テーマ、二に論文構成とディテール・考察の表現だと思う。

まず、構想・テーマの選択というのはなかなか難しい。面白いテーマであれば誰かが手をつけている。
重要なのに誰も気づかなかったテーマというのは、一見してみえない。
僕の場合も、はじめからこのテーマでやろう、と決め打ちで研究を進めるのはほとんどなく、
なんかありそうだと、研究を掘り進めてから、はじめていいテーマに当たるということばかりである。
なので研究の最初のころは無駄ばかりである。無駄を承知である程度掘り下げないと何も始まらない。
無駄をおそれるのではなく、10のなかの1の発見を楽しめるかどうか。
そのうち嗅覚が研ぎ澄まされて「なんかありそう」のセンサーがうまくはたらくようになる。
経験の賜物である。
ほかの研究者もそういう経験をもっており、研究テーマをマネしようと思っても
簡単にできないのはそういうところにあるのだろう。
逆に誰でも思いつく研究は、誰でもできるし、すぐに追いつかれてしまう。

経験がない状態で新しいテーマをやる場合は、既に高い水準に達している研究蓄積
(手法、概念、考察など)を勉強し修得した上で、その延長を考える必要がある。
そうした蓄積をふまえない研究は大した成果にならない。
誰もがやっていないテーマ(「既往研究がありません」というようなパターン)
であっても、実際には隣接分野やテーマに知の蓄積があり、これをきちんとふまえて
回り道をしながらでも武器を持ってアプローチする必要がある。
ただし手法を単に適用するだけではいい研究とはいえない。(この勘違いは多い)
自分の関心のある学術的課題と、既にある研究蓄積をうまく組み合わせ、独自で構造化、
概念化して考察を深められることができれば(手法も新たに開発する)いい研究になる。
 

が、いい研究においては、テーマ選びのほか、二の「やりきること」がとても大事で、
ここが論文の出来を決める。
実際に研究を進め、オリジナルのデータもとれて、考察も見えてきて、そこからである。
一生懸命頑張っても、「で、結局、何がしたいのか分からん」という評価になることはしばしばある。
データをそのまま出し、データを説明するのが研究ではない。
重要な一つの「仮説」を証明しきれるかどうか、が重要なのである。

ようは、シンプルで面白い仮説が設定できるか、
明確な一本の筋の立ったストーリーをきちんと描けるか、
は当然として(これがないとデータがとれない)、
研究フレームを明確に定め、論文を構造化できているか、
考察の抽象化・概念化とその説明がきちんとできているか、
因果関係がきちんと説明しきれているか、
文章はうまく書けているか、などの一つ一つで研究の価値が決まってくる。

景観デザインと同じで、漠然としたイメージは役に立たない。
ディテールまで仕上げきって始めて人に理解してもらえるし、自分も本当に理解する。
そして研究が自分の考えから離れて「自立する」のである。逆に言うと自立させる必要がある。
そしてその研究が以後の多くの研究のモデルや先駆けとなるものになれば最高である。
というか、基本的にはそれを目指し続けなければならない。結果そこまで到達するのは稀であるとしても。

僕自身も10年前に樋口先生に言われた。
いいテーマであるほど、中途半端にやると、誰かにアイディアをもっていかれてしまう。
自分の成果にするためには、やりきることが大事だ、モデルをつくれ、と。
また革新的なアイディアほど、人は馴染みがなく理解できないため、論理には完璧を期すべしと。

2015-2016

2015-年末年始は一年を振り返り、次の一年の目標を定めることにしている。
まず2015年を振り返ると、とにかくあちこちの現場に奔走した一年だった。
いいか悪いか分からないが、結果的にはあらたな種まきを多くすることになった。
とはいえ、足で稼がないと始まらない。芽が出ることを期待したい。

年を経るごとにますます自分の時間が確保できなくなり、今までのように
ひとつのことにじっくりと取り組むことが難しくなりつつある。
やりかたを変えなければいけないな、と感じることも多かった。
というわけで2016年の目標は、
「自分にしか出来ない仕事に集中する」としたい。

世の中には多くの専門家がいる。誰かに出来ることはその人に任せ、
自身の強みが最大限に活きるトピックに、自身の資源を一点集中する
ということを2016年はあらためて意識したい。

研究に関して言えば、HPに記載のテーマを進めるのに変わりはないが、

・風致施策史研究、文化的景観研究の集中的展開
・実践研究の立ち上げ
→ 歴史×まちづくり の計画論的研究
公共デザインの調整・協議システム研究

に努めることを目標とする。
研究も実践も「誰もやっていないこと!」を意識して、勇気をもって進めたい。

(以下、脱線。20代の若い人へ)
なんというか、大学での教育カリキュラムは技術者として最低限出来るように基礎を身につけることが主眼になっているので、高校-大学までの教育の延長で、全体にそつなく能力・技能が高ければ世の中で重宝される、という勘違いはしばしばある。
が、世の中においては、「自分にしか出来ない仕事」ができる人間が重宝される。それが世界で、とか日本で自分にしかできない、とかいうレベルだと、まあ大変なわけだけど、ある地域で自分にしか出来ない、社内で自分にしかできない、チームで自分にしかできない、を目指せばよいのだ。
だけど実際には、目先のニーズで仕事がなされがちで、周りやニーズに合わせてカメレオン的に仕事ができる人間が量産されてしまう。そもそも周りの人が自分に創造性を期待しない場合も多々ある。それに流されてしまい、結果、誰でもできることなのにそれに注力し、自分の得意なものを殺してしまう(鍛えない)というのは勿体ないし、まずいことである。得意なことを究めることが大事であり、便利な歯車になっても仕方ない。
とはいえ、いつまでたってもアウトプットが出せなければ仕事にならないし、飯も食っていかなければいけないので、それなりに飯のタネを確保しなければならない。アウトプットを出しながら自己研鑽するしかない。飯のタネさえ確保すれば、あとは自分がほかの人に比べて得意なことを磨くべきであり、そういう状況に自分をもっていかなければならない。そうでないと多数の人、仕事のなかに埋もれてしまい、結局、いつまでたっても、創造的な仕事=面白い仕事を自分でできない。
しかしまあ保険だけでも手一杯になってしまうのが実際である。面白いことがやりたい人は、飯のための仕事に食われないように強く意識をもつ必要があるように思う。

(脱線、以上)

さて、中堅になってきて大事なのが、誰とやるか、どういうチームでやるか、ということだ。
これまで一人で出来てきたものも、時間が少なくなったこと、仕事のスケールが大きくなってきたことによって一人で出来なくなってきた。チーム編成が重要になっている。
教育でも同様。やる気のある学生とはチームを組み、密に議論したい。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

70年

□□ 追記 2015.12.23 □□
NHKスペシャル「新・映像の世紀」第3集 第二次世界大戦 世界は独裁者を求めた、をみた。
気づいたことがある。戦争の本質は、「私益の確保のための他者の論理の排除」にある
ということである。
欧米各国での極右政党の躍進をみていると、時代は繰り返していることに身震いを禁じ得ない。
共同体の利益確保は否定すべきものではないが、異なる共同体や文化圏にいる他者との
相互理解、共存関係の構築が第一に目指されるべきである。

しかしこうした「他者の論理の排除」という思考形態は、われわれのごく身近に、ときに自身のなかに存在する。
敵を定めるというのはその典型である。
安易に敵を定め、正当な事を論じているようで限定された世界でしか通用しない事実を
論じている者などには注意が必要であり、これに意識的になっていないと、
ときに思考停止になってしまい、無意識的にでも排外主義に荷担してしまうこともあるのだ。

(追記、以上)
————

終戦70年。僕の歳が35。たかだかそれを折り返しただけの時間にすぎない。
先の戦争では自然災害とは桁違いの犠牲者がでた。日本人だけで310万人と言われる。
なぜこんなことになってしまったのか、ということは、日本人ならそれぞれが
考えておかなければならないことだと思う。

日本の近代化は、欧米列強の植民地支配への対抗にはじまるが、
日本に民主主義が育つ前に、一部の権力者による支配体制が築かれてしまった。
メディアも権力に迎合してしまった。
ひとたび戦争が起こされると、誰も引き返させることができなかった。
そんなやるせなさを思いつつも、今日は、伊丹万作が『映画春秋』(創刊号・昭和21年8月)
に発表した「戦争責任者の問題」という文章を紹介したい。(青空文庫、著作権フリー)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html

————–

さて、多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。私の知つている範囲ではおれがだましたのだといつた人間はまだ一人もいない。ここらあたりから、もうぼつぼつわからなくなつてくる。多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はつきりしていると思つているようであるが、それが実は錯覚らしいのである。たとえば、民間のものは軍や官にだまされたと思つているが、軍や官の中へはいればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。上のほうへ行けば、さらにもつと上のほうからだまされたというにきまつている。すると、最後にはたつた一人か二人の人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。
(中略)
そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。
このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で打破することができなかつた事実、個人の基本的人権さえも自力でつかみ得なかつた事実とまつたくその本質を等しくするものである。
そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。
(中略)
「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき、私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。
「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

————–

これは、単なる戦争論にとどまらない、近代化そのものに対する舌鋒鋭い指摘だ。

政治における大衆主義の蔓延と、それによる政治の不安定、
あらゆる意志決定における合理的精神の欠如、熟議の不備、
経済至上主義と短期的利益重視による大局観の見誤り、
大量の”消費期限の短い”情報、偏向した情報による思考空間の占拠、などなど。

今も、世の中の多くの人々は多かれ少なかれ「だまされている」のかもしれない。
だからこそ、いつの時代もしっかりとした批判精神を育むことが求められている。
自らの無知、無関心は、無邪気に容認されるものではないのである。

これからの激変する社会においては、自らの内に判断基準をもつことが重要な意味を持つし、
また多数派であっても間違った事をいう人々に相対峙し、それを正す必要もでてくるだろう。
教養なき技術は単なる機械であり(ときに社会悪にもなる)、思想なき仕事は歯車に過ぎない。
大局観と想像力が求められる。

ストーリーづくり

 
近年,文化財行政は保存から活用へ,まちづくり行政も歴史資源の再生と活用へ,
という大きな流れがあり,文化財行政を越えた歴史文化資源のマネジメントが
大きな課題になっているといってよい.

また,その資源も,世界遺産レベルのものから,市民遺産レベルのものまで広がりがある.

そこで重要視されているのが地域の歴史文化のなかの「ストーリー」である.
地域に潜在する資源群を一連の卓越した(しかも分かりやすい)ストーリーを
探り出し,そこに乗せて資源群を理解し,体系的な施策を打とうとする動きは,
近年強くなる傾向にある.

たとえば,僕も関わっている京都南部の宇治茶生産地域では,
お茶のふるさとという大きなストーリーのもと,文化的景観の保全と,
茶業振興による地域振興が一体的に目指されている.
同じく部分的に関わっている,琵琶湖の水辺景観も同様だ.
日本遺産は観光が主目的だが,地域を包含するストーリーが重視されている。

今,地域づくりの現場では,地域に潜在するストーリーを発掘し,
それを学術的裏付けをもって際立たせて,さらには地域振興として
ストーリーに基づいた地域文化の再生を実施すること,
これらの一連のマネジメントのノウハウが求められている.
そして,ここに都市空間・景観の意味の読み取りや,都市・景観のデザイン
などが深く関わってくるし,専門性としても求められている.

こうしたことは,都市・景観のデザインを専門とする者は元来やってきた
ことではある.そういう意味では,ようやく社会に求められる時代になってきた
ということだが,それでもまだまだ世間一般としてこういった専門性が認知され
ているとはいえない.
こうした時代の空気をしっかりつかみ,しっかりとした手法論やアウトプットを
出せるかどうか,が今後の都市・景観デザインの職能の確立を左右するといっても
過言ではないだろう.

(補足)こういう道を目指す若い人に言いたいのは,
研究を通じた精度高い現象の読み解きと,精緻なロジックの組み立てが
そもそも出来るレベルに達していないと実務ではしんどい,ということだ.
実際,研究におけるテーマ設定,コンセプトの組み立てと論証に求められる能力と,
地域づくりで求められるストーリーの読み解きと組み立てを主とする能力は,
かなりの点で共通すると思う.なので,しっかり研究に励んでください.

新年度

平成27年度がはじまりました。
今年度はこれまでにないほど忙しくなりそうです。

今年度中には、研究論文の執筆や学生の論文指導のほか、
近江八幡市の観光まちづくり計画の立案(研究室プロジェクト)、
伊庭の文化的景観調査報告書の執筆、
宇治茶の文化的景観・海外類例調査(仏蘭西と中国)、
都市の歴史と計画WG、
などに取り組みます。

大変ではありますが、いずれも今後の自身の可能性を占う重要な案件です。
最近ようやく将来のために今すべきことが明確になってきましたので、
いろんな活動に、とてもやりがいを感じています。

とにかくやれる範囲でやる。やるからには結果はしっかり出す。
で、一年間乗り切りたいと思います。