色彩

色彩検討本日は某橋梁+某高架橋の景観検討会議でした。
あいにくのお天気ではありましたが、なんとか雨はあがってくれました。

事前に綿密に検討を重ね、絞りこんでおいた色見本をつかって、
現場でいろいろな組み合わせを試します。まずは想像していたイメージ通りで安心。
議論しながらひとつに絞り込んでいきました。

重視したのは、見た目の調和ではなく、その地域の地質、植生、集落、人工物などの、
自然環境と歴史環境のなかで、どのような土木構造物として存在することが自然であり、
ふさわしいかということです。
土着性ともいえるかもしれません。

色は本当に奥が深くて難しいですが、納得いく色に決まりました。完成が楽しみです。

広告

About yamaguchikeita
京都大学大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 景観設計学分野 准教授

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中